健康

プロポリス採取に適したブラジルの自然

プロポリスの最高級の産地といえば、ブラジルです。
アフリカ蜂と、ヨーロッパ産のミツバチをかけた品種でアフリカ蜂化ミツバチという種類の蜂が、プロポリスを作っています。
ブラジル産のプロポリスは、グリーンプロポリスとも呼ばれ、緑色が主で色が濃く、味に若干の刺激と匂いの強いものが高級品です。

ブラジルは亜熱帯の土地で、ミツバチの住環境も過酷です。
病原菌や細菌をそのままにしておくとその巣で生活するハチたちがすべて危険にさらされます。
特に、何万匹という集団で生活するためには、巣の中を清潔に保つことが必要です
ミツバチは、水を運んで巣の中の温度を下げようとしますが、その水には、細菌がたくさん含まれています。
そこで抗菌作用の強いプロポリスを生成し、巣の中をほぼ無菌状態の清潔にたもっているのです。
また、ミツハチの住環境が過酷であるほど、抗酸化作用の強いプロポリスがつくられるとされています。

もともと、林材やパルプ材にするために植林されたユーカリですが、今では広大な森林となっています。
ブラジル産プロポリスの中でも特に良質なプロポリスの産地ミナスジェライス州では、標高の高い高原地帯で、大きなユーカリの森になっています。
また、アレクリンやアサペシ、カピシンギなどの良質なプロポリスの生成に必要なブラジル固有の植物が豊富に生えていて、良質なプロポリスの採取にとても適した場所になっています。

ユーカリは、抗菌作用や防腐作用、抗炎症作用などがあるとされていますし、アレクリンという植物の保有量が多いとプロポリスの色が濃くなり、品質をよくすることが知られています。
この植物は、非常に抗菌作用が強く、有益な成分が豊富に含まれていることが研究でわかってきました。

あのバイオリンの名器である「ストラディバリウス」もニスにプロポリスを混ぜたものが使われていたそうです。
やはりこの場合でも、防腐やツヤ出しの為に使われていたそうです。