健康

花や樹木から生まれ,古代ギリシャの時代から珍重されてきた天然成分

古代ギリシャの人々が知らず知らずのうちに生活に取り入れていたプロポリスの原材料や成分。
健康の維持の一部として生活の一部に取り入れてみてはいかがでしょうか。

古代エジプトの人々は、香りのある植物や樹脂を、神への貢物として宗教儀式に使用したり、病気の治療に活用したりしていたということが分かっています。
古代エジプトの人々は、樹木をお風呂の中に浮かべたり、花を浮かべたりしながらの入浴もされていたと言われており、この香りのある花や樹木の中にはプロポリスの原材料である桂皮酸誘導体などが多く含まれていたと考えられます。
そのような特攻性があると知っていて使われていたのかはわかりませんが、この樹木も樹脂を燃やして、現代社会で呼ばれている「アロマテラピー」のような枠割りに利用していたと言われます。
その高い効果のあまり「天然の抗生物質」http://www.bilingualmarketing.com/natural.htmlという呼ばれかたもしています。

どちらかというと、ヨーロッパのあたりが発祥の地だと思われていたアロマテラピーですが、ギリシャの人々が古くからこのプロポリスが大量に含まれているアロマテラピーを利用していたということに少々驚きを感じます。
ギリシャの人々は、その樹木にプロポリスの成分があることを知っていたのかはわかりませんが、現代社会の人間が香りを楽しむことによってストレスを少しでも軽減するといったようなことと似たような作用をリラックス作用として使っていたのではないでしょうか。

「ストレス」というのは現代病と呼ばれていますので、古代ギリシャの時代にストレスというものが、言葉として存在していなかったということは言えるでしょうが、
同じ人間ですから、ストレスという呼び名とは別の何かがあったのでしょうね。
ただ、香りとして楽しみながら古代ローマの人々の病気を治してきたプロポリスが、現代社会において未知の力を発揮して、人間の健康に役立つというのですから、
人間の歴史というのは素晴らしいものだと感じます。

プロポリスは天然の抗菌剤のようなものですから、現在では医薬品という扱いではなく、健康食品という取り扱いになっていますから、薬局やインターネットなどで、
容易に手に入れることができます。
健康食品として生活の一部に取り入れられてみてはいかがでしょうか。 プロポリスののど飴は手軽に始めやすいです。